2019年4月20日

湘南はちみつ

茅ヶ崎産「湘南はちみつ」のこだわり

湘南みつばち倶楽部のオリジナル「湘南はちみつ」は茅ヶ崎市の堤でつくっています。

西洋みつばちによる百花蜜です。

純粋(添加物なし)・非加熱で自然のままの高い糖度のはちみつです。

純粋であるということ

製品に水あめ等の混ぜ物をしないのはもちろん、みつばち達に餌として砂糖水を与えることなどもしておりませんので本当の意味での純粋はちみつです。

非加熱のはちみつ

多くの場合、採蜜回数を増やすために糖度が上がっていない状態で採蜜し、その後加熱によって水分を飛ばして糖度を上げていきます。

つまり、煮詰めていくような感覚です。

湘南みつばち倶楽部では、はちみつ本来の品質を保つために熱による変性を起こさないよう加熱処理を行いません。

十分に時間をかけて、みつばち自身の力で糖度を高めたものを採蜜いたしますので自然のままの風味が楽しめます。

茅ヶ崎・西洋みつばち・百花蜜というこだわり

自然が豊かな茅ヶ崎

茅ヶ崎と言えば海と言われる事が多いですが、実は緑も多く今でもきれいな自然がたくさん残っています。

農業を営んでいる方も多くいらっしゃいますが、後継者問題もあり手入れをするのも大変といった状況の部分もあるのが実情です。

私たちは「茅ヶ崎の豊かな自然を次の世代につなげていきたい」と考えています。

子どもたちに茅ヶ崎の素晴らしさをもっと知ってほしい、気づいてほしい。

そのための一つの手段として「湘南はちみつ」を考えています。

多くの方に伝えたい

はちみつからの利益だけを考えたら、地方の山林で日本みつばちを使うことで、手間をかけずに希少価値の高いはちみつを作ることもできます。

しかし、私たちは地元をはじめ多くの皆様に活動を伝えるために、収穫量は多いが育成に手間のかかる西洋みつばちを選択しました。

湘南はちみつは茅ヶ崎の風味

百花蜜は周辺の複数の花の蜜から作られるので環境に依存したものになります。

それはつまり茅ヶ崎の花の分布がそのまま風味となるということ。

単に茅ヶ崎産というだけでなく、茅ヶ崎そのものを感じるはちみつだということです。

特定の花の蜜を選んではちみつをつくれば人気や流行に合わせたものを追求することもできます。

しかし、私はあえて遠回りに見える道を選びたい。

茅ヶ崎の自然を守り、育てていくことでおいしいはちみつを作りたい。

なぜなら、湘南はちみつは茅ヶ崎の豊かな自然の象徴だから。

子どもたちの未来

はちみつが採れてそれを口にしたとき、「あ~やっぱり茅ヶ崎っていいなあ」「茅ヶ崎すごいな!」と感じていただけるものを作りたい。

そういった経験を通じて子ども達に自分の街をいままで以上に好きになってほしい。

おいしいはちみつを作りの一環として、私たちは休耕地に花を植える活動や野菜作りをしています。

そして、近隣のご家庭の方々を中心に収穫体験を実施しています。

農地は厳密には自然ではないですが、土に触れ作物の生長を確認することで自然とのかかわりを感じていただく活動をしています。

自然との関わり

はちみつに込めた思いがどうか伝わりますように。

私たちの活動は始まったばかりです。

今はまだ小さな活動です。

こんなことをしている人達がいると知っていただくだけでも励みになります。

これからもよろしくお願いします。